初心者でも失敗しないトレーニングベンチの選び方

初心者でも失敗しないトレーニングベンチの選び方

ダンベルやバーベルだけでもある程度の種目はできますが、トレーニングベンチと組み合わせるとさらにトレーニングの幅が広がります。

本格的なトレーニング以外にも女性のシェイプアップにもあると便利です。
自宅トレーニーなら最低一つはベンチを持っていた方がいいですね。

オススメのトレーニングベンチの種類

トレーニングベンチと言っても目的の違いで多くの種類があります。

・自宅での使用
・初めてトレーニングベンチを購入
・コストパフォーマンス

この三点を考慮すると“フラットベンチ”か”インクラインベンチ”が圧倒的にオススメです!

自宅で使うとなると、なるべく場所を取らず、移動が容易にできる物。
さらに基本的な種目を多く行える物がいいです。

フラットベンチの特徴

スタンダードなトレーニングベンチ。
もっとも安価ですが、行える種目は多くコストパフォーマンスが高いです。

インクラインベンチの特徴

平らにすることでフラットベンチとして使用することもできますし、背中部と座部の角度を変えて、より専門的な種目を行うこともできます。価格はフラットベンチに比べると割高になります。

基本的には、ダンベル・バーベル・フラットベンチの三点があるだけでも、かなりの種類のトレーニングが行えるのでこの三点は揃えたいところです。

もっと専門的に本格的に鍛えたいのであれば、インクラインベンチの方がいいですし、悩むようなら女性ならフラットベンチ、男性ならインクラインベンチを購入するといいです。

または、ダイエットを目的とした筋トレならフラットベンチで、筋肥大を目的とした筋トレならインクラインベンチという選び方でもいいと思います。


初心者でも失敗しないトレーニングベンチの選び方まとめ

  •  細マッチョを目指すならフラットベンチ
  •  ゴリマッチョを目指すならインクラインベンチ
  •  迷ったら男性はインクラインベンチ、女性はフラットベンチ

現段階でインクラインベンチの必要性が感じられないのであれば、とりあえずフラットベンチを購入してもいいと思いますが、後から欲しくなった時のことを考えると、やはりインクラインベンチがオススメです。

またメーカーによってベンチの高さが違うので、ご自身の身長を考慮してメーカーを選んでください。

比較的どのメーカーも座高が高めに作られているようなので、ベンチの上に寝ても足の裏がつかず、つま先立ちになると聞きます。

そこで私の場合はいろいろ調べて、ボディソリッドのインクラインベンチを購入しました。
ボディソリッドの物だと170cmと身長の低い私でもつま先立ちになることもなく、しっかりと床に足を付けてトレーニングすることができます。

自宅用のインクラインベンチの中では最高品質なので、個人的にはかなりオススメです!

購入する時は「高いなぁ」と思いましたが、今となっては購入して大正解でした。

これ以上の物を求めると価格的に高いのでジム用であったり、部屋が広くお金に余裕のある方向けです。

各メーカーの各種ベンチ比較はこちら



コメントは受け付けていません。