ベンチの選び方

ダンベルやバーベルだけでもある程度の種目は出来ますが、各種ベンチと組み合わせるとさらにトレーニングの幅が広がります。

本格的なトレーニング以外にも女性のシェイプアップにもあると便利です。
自宅トレーニーなら最低一つはベンチを持っていた方が良いです。


どのベンチを選ぶべきか

ベンチと言っても目的の違いで実に多くの種類があります。
その中でも自宅で使用する事初めてベンチを購入する事、さらにコストパフォーマンスを考慮するとフラットベンチかインクラインベンチが圧倒的におすすめです!

自宅で使うとなると、なるべく場所を取らず、いざと言う時に移動が容易にできる物。
初めてベンチを購入するわけですから、トレーニング歴が浅いと想像出来ます。
その事を考えると基本的な種目を多く行える物が良いです。

フラットベンチの特徴

背中の角度などを変える事の出来ない平なベンチで、価格も一番安価です。
価格は安価ですが、行える種目は多くコストパフォーマンスが高いです。

インクラインベンチの特徴

平らにする事でフラットベンチとして使用する事も出来ますし、
背中部と座部の角度を変えるて、より専門的な種目を行う事も出来ます。
ただし、価格はフラットベンチに比べると割高になります。

基本的には、ダンベル・バーベル・フラットベンチの3点があるだけでも、かなりの種類のトレーニングを行えますし非常におすすめです!

もっと専門的に本格的に鍛えたいのであれば、インクラインベンチの方が良いです。
悩むようなら女性ならフラットベンチ、男性ならインクラインベンチでも良いでしょう。

または、ダイエットを目的とした筋トレならフラットベンチで、筋肥大を目的とした筋トレならインクラインベンチのような選び方でも良いと思います。


私のおすすめ

現段階でインクラインベンチの必要性が感じられないのであれば、とりあえずフラットベンチを購入しても良いと思いますが、後から欲しくなった時の事を考えると、やはりインクラインベンチがおすすめです。

またメーカーによってベンチの高さが違うので、ご自身の身長を考慮してメーカーを選んで下さい。

比較的どのメーカーも座高が高めに作られているようなので、ベンチの上に寝ても足の裏がつかず、つま先立ちになると聞きます。

そこで私の場合はいろいろ調べて、ボディソリッドのインクラインベンチを購入しました。
ボディソリッドの物だと170cmと身長の低い私でもつま先立ちになる事もなく、しっかりと床に足を付けてトレーニングする事が出来ます。
自宅用のインクラインベンチの中では最高品質だと思いますし、個人的にはかなりおすすめです!

購入する時は「多少高いなぁ」なんて思っていましたが、今となっては購入して大正解と言えるほど大活躍しています^^

これ以上の物を求めると価格的に高いのでジム用であったり、部屋が広くお金に余裕のある方向けです。

各メーカーの各種ベンチ比較はこちら



コメントは受け付けていません。