ダンベルの選び方

筋トレ初心者の多くは始めにダンベルを購入するのではないでしょうか?
何を隠そう私も初めて購入したのはダンベルでした^^
なんとなく筋トレと聞くとダンベルを想像しますよね。

ダンベルは腕を鍛えるアイテムと思われがちですが、実は多くの種目を行なう事ができ全身を鍛える事が出来ます。ダンベルは全てのトレーニーにとって必要不可欠なアイテムです。

今からトレーニングを始めたいと思っているならやはりまず始めにダンベルの購入をおすすめします。


ダンベルの種類

ダンベルにはウエイトの固定式調整式の2種類があります。

ウエイト固定式とは鉄アレイのように重さを変える事が出来ないタイプの物を言います。
対して調整式とはプレートを入れ替える事で重量を調整する事が出来ます。

ジムやスポーツクラブなどではお客さんがいちいち重量を変えなくてもいいように、固定式の物が1kgから順番に数多くのダンベルが並んでいます。

固定式の物はお金も掛かり保管する場所も多く取る為に自宅用には向きません。
自宅でトレーニングする場合は必ず調整式の物にしましょう。


シャフトの種類

自宅用には調整式のダンベルが良いと言いましたが、調整式のダンベルにはシャフトの違いによって、ノーマルシャフトスクリューシャフトの2種類があります。

ノーマルシャフトとはプレートを留める時に圧着するタイプの物で、シャフト部分に凹凸が無いのでカラーと言われる留め具が少しでも緩むとプレートが落下する危険性があるため初心者にはおすすめ出来ません。
しっかりとプレートを抑える事が出来るスプリングカラーと言う留め具がありますが別途購入する必要があります。

スクリューシャフトとはネジ式で締め付けてプレートを固定するタイプの物で、トレーニング中にカラーが緩んでも落下の危険はほとんどないので、初心者の方には特におすすめです。

トレーニングを何年も続けている中級者以上の方なら、筋肉を追い込むために素早くウエイトを替えられるノーマルシャフトでスプリングカラーを使うのは分かりますが、中級者以下の方で特に初心者の方には安全面重視のスクリューシャフトがおすすめです。万が一、脚や頭や顔にプレートが落ちたら大怪我をしてしまいます。


購入する重量

続いて購入する重量についてですが、男性であればズバリ片手30kg×2個の物が良いです!
女性であればもっと軽い片手10kg×2個くらいで良いと思います。

片手30kg×2個の理由は、ダンベルは全身を鍛える事が出来るからです。
腕のトレーニングだけでみれば片手30kgはとてつもなく重く初心者には扱えませんが、腕よりも筋肉量が多い背中や胸や腹部分を鍛えようとした時に、片手10kgもしくは20kgの物でトレーニングしてもすぐに物足りなくなります。

そうなると新たにプレートを買い足す必要が出てくるため、そうならない為に初めから片手30kg×2個を購入した方が良いのです。

一般的にどのメーカーでも、市販されている最も重い重量は片手30kg×2個の合わせて60kgです。
片手で60kg以上の物などもありますが、一般のトレーニーは買う必要はないです。


プレートの種類

調整式のダンベルは様々な重さのプレートを付け替えられますが、プレートは重量の違いの他にもアイアンプレートラバープレートがあります。

アイアンプレートは安価で購入出来る反面、鉄が剥き出しの状態なので、床に置いた時に床が傷つきやすく音がします。

ラバープレートは多少割高ですが、床が傷つきにくく音も気になりません。
プレート全体がラバーで覆われているオールラバータイプとアイアンプレートに取り外し可能なラバーが付いたタイプがあります。
また、臭いの感じ方は人それぞれですが購入直後はゴムの臭いがする場合があります。

個人的には私自信も使っていますがラバープレートがおすすめです。
アパートの2階など下に住人がいる場合だと騒音の問題などがありますし、一軒家だとしても床に傷を付けたくないですよね。


ズバリおすすめのダンベルとは?

上記で説明した様々な理由から私が一番おすすめするのは、スクリューシャフトで片手30kg×2個のラバータイプのダンベルです。

メーカーごとに価格・デザイン・オールラバーか部分ラバーかなどの違いがあります。

イヴァンコと言うメーカーは高級メーカーですが、それ以外のメーカーは価格的に同じくらいで購入しやすいので、自分にあったメーカーを探してみて下さい。

各メーカーのダンベル比較はこちら



コメントは受け付けていません。